You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

NEWS

News


2019-11-25

IoT-EX、MCPC Award 2019 サービス&ソリューション部門 奨励賞を受賞

~ 親会社BizMobile社としての受賞から通算で、5年連続受賞 ~

異なる企業が提供するモノやサービスを安全に接続し、連携を可能にするIoT-EX株式会社(アイオーティー・イー・エックス、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:小畑至弘、以下:IoT-EX社)は、『MCPC Award 2019 サービス&ソリューション部門 奨励賞』を受賞したことを発表いたします。これは、IoT-EX社の親会社であるBizMobileが同IoT相互接続サービスにおいて受賞した実績から通算して5年連続での受賞となります。

MCPC awardとは、業界を超えたモバイルコンピューティングの普及促進団体として1997年に発足したMCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム、会長:安田 靖彦、URL:http://www.mcpc-jp.org/)が、2003年より開催しているもので、モバイルコンピューティングの導入により高度なシステムを構築し、顕著な成果を上げている企業や団体を表彰し、今年で17回目を迎えます。詳細は「MCPC Award 2019」の公式サイトをご参照ください。
リリースURL:http://www.mcpc-jp.org/press/pdf/press_20191108.pdf

IoT-EX社の親会社であるBizMobile株式会社(以下、BizMobile社)は、異なる会社のモノやサービスと連携できる世界初のMDM(モバイルデバイス管理)サービスで、過去4年連続で MCPC Awardを受賞しており、BizMobile社グループとしては、5年連続の受賞となります。2019年4月、BizMobile社は、この連携機能部分を分社化し、IoT-EX社を設立しました。

IoT-EXは、クラウドとエッジを融合したオープンイノベーションを促進し、IoTの発展に貢献します。今回、クラウド上の「IoT-HUB」と、「IoT-HUB」をローカルまで延長する「IoTルータ」のハイブリッド構成(特許出願中)により、これまで難しかったエンジニアがクラウドとエッジの双方のメリットを生かしたIoTサービスを簡単に実現できることが評価されました。

しかし、様々なモノがネットにつながると、これまで顕在化しなかった問題も対応が必要になります。そうした問題の中には、東京大学が提唱する「IoT由来の脅威」に対するリスク管理問題や脆弱性対応が遅れる世代管理問題などがあります。IoT-EXは、これらの課題に対しても「関所機能」や「デバイス管理機能」により対応可能です。詳細は、『生活用のIoTのことがわかる本(野城智也、馬場博幸著)』をご覧ください。


MCPCについて

MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム 会長:安田靖彦)は、業界の枠を越えてモバイルコンピューティン グ、IoT/M2Mシステムを普及促進することを目的とし、1997年に発足した任意団体です。 端末インターフェースガイドラインおよび、Bluetoothなど多数の標準化作業をはじめ、「セキュリティ対策ガイド」発行、「モバイルシステム技術検定」実施などを通して、モバイル、IoT/AIの普及拡大に貢献しています。
MCPC加盟企業・団体 190社(2019年11月現在)(http://www.mcpc-jp.org/

※IoT-EXは、IoT-EX株式会社の商標または登録商標です。
※記載の会社名および製品名、サービス名称等は、各社の登録商標および商標です。